Lumia1020&スマホ電話SIM フリーData

ADVETAR2013のWindows Phoneの12月16日分記事です。

Lumia1020の開封の儀式や性能についてはいろいろなサイトで紹介されているので、今回はLumia1020と日本通信SIMのスマホ電話SIM フリーDataについて記事を書いてみようかと。

Lumia1020を購入し手元に届いたのは11月11日。注文は11月8日だったのでちょうど中2日で到着。
カラーはホワイトと決めていましたが、セットのカメラカバーがブラックとは思いませんでした。これ色を合わせてくれなかったのかなぁ、とちと残念。
WP_000416
届いたのはマレーシア版。もちろんLTE対応版です。
ん?3バンド対応?プラチナいけるかな?
spec

さて、これに刺すSIMはヨドバシカメラで購入した日本通信SIMのスマホ電話SIM フリーData。
SIM_Free

なぜこれにしたかというと、Lumia1020を電話としても使いたかったからです。
(今持っているIS12TはSIM無しのWi-Fi運用していたので・・・)
開通手順としては手続き開始ページにアクセスし、住所やクレジットカード情報登録後を登録しますが、ここで注意点が。
スマホ電話SIM フリーDataはあくまでも「電話回線」なので、クレジットカード登録後すぐ使える通信専用SIMカードとは違い、本人確認の書類提出が必要です。
そのため身分証明書の画像データーのアップロードが必要となります。そのため、確認コードが家に届くまで回線開通はできませんので余裕を持って申し込みをしてください。
なお、今回3GBまでの高速オプションも追加しています。(だってー、200Kだと串で画像が圧縮されちゃうからね)

私の場合は運転免許証をIS12Tで撮影後、同期しているSkyDrive経由でPCからアップロード。
待つこと3日。郵便で届いた住所確認コードを専用ページにで番号を登録したら「すぐ」使えるようになりました。

WP_000426
ちなみにAPN情報は以下の通り。

  • APN     :bmobile.ne.jp
  • ユーザー名 :bmobile@spd
  • パスワード  :bmobile

で、アンテナ表示はというと、
3G
wp_ss_20131127_0001

LTE
wp_ss_0002

そして皆さんが気になる通信速度はというと・・・
正直LTEはLumia1020のアンテナが悪いのか、エリアが狭すぎるのかあまり速度は出ません。

日曜夜、新宿南口で計測した結果です。

wp_ss_20131215_0004
んー。さすが日本通信、Xiにも関わらずPing値がものすごく長すぎます。
OCNやIIJで同じサービスが出たら速攻乗り換えます。

ちなみに今自分がどの回線をつかんでいるかを知る便利なアプリがあります。
それがCellular Live Tile
こんな感じでLive Tileに今の通信種類を知らせてくれると同時に、自分の機種(色含め)表示することとができます。
Lumiaを電話として所持している方には是非おすすめします。

wp_ss_20131215_0005

次は、皆さんの気になる4100万画素を誇るLumia1020のキャメラの威力について記事が書ければと。

広告