Lumia 1020で使えるカメラアプリ

Windows Phone Advent Calendar 2014の12/17分の記事です。

Lumia 1020を購入して約1年。もちろん「高解像度カメラ」として毎日持ち歩いています。
風景写真や飯テロ用の食事写真に4100万画素の威力はすさまじいものがあります。

WP_20140830_16_03_01_Pro__highres

元画像(8.65MB)

Skytree_zoom

ここまでズームアップしても驚くほど低ノイズ。

WP_20141213_14_27_41_Pro__highres

元画像(7.67MB)

pasta_zoom

フライドガーリックの数もばっちり。

とはいえ、写真を撮って加工するのはPCではなく、端末上で行いたいと思いますよね。
そこで、写真内容を確認して必要なところをズームアップするアプリをご紹介します。

まずは写真をズームできるZoomというアプリ。
Zoom

通常のフォトアプリで写真を見ても4100万画素では無く500万画素の方しか閲覧することはできません。
Zoomでは500万画素→4100万画素へ自動的に切り替えてくれます。
これで切り取りたい部分がきれいに映っているかをその場で確認できます。

wp_ss_20141213_0002

ズームすると自動的に4100万画素に切り替わります。

wp_ss_20141213_0003

倍率ドン。

でも、元画像とズームアップ両方を表示した方が4100万画素の威力がよりいっそう引き立つというもの。
そこで使用するのがSozoom
Sozoom

ズームアップしたい部分をタップするとサークル部分に拡大画像が表示されます。
サークルの大きさとズーム倍率も自由に変更できます。

wp_ss_20141213_0005

SoZoom_635541014915789226

出来上がり画像がこれ。

動作が最新機種と比べて遅いとか、そもそもシャッター速度が遅くて写真がぶれる、といった問題点はいろいろとありますが、
高解像度低ノイズ高感度(ISO4000)の威力はまだまだ捨てがたいものです。

はやく後継機種がでないかなあー。

みおふぉん購入

個人的には本命のIIJmio音声パック「みおふぉん」を購入&契約しました。

画像

 

日本通信と同じで、音声通信契約のため身分証明書(運転免許証、保険証等)を画像で提出する必要があります。
私は月曜日に購入&身分証明書をアップロードし、金曜日にはSIMが到着しました。中3営業日という感じでしょうか。

 

早速手のひらの中をハワイにしてLumia1020にSIMを指してみます。(お約束)
するとどうでしょう、自動的にAPNが設定されているではないですか。

画像

最近はSIMの中にAPNを埋め込むことができるんでしょうかね?その辺ほかの端末で試してないので不明ですが。
もちろん手のひらはハワイなので問題なく通信できました。

日本通信と異なり、みおふぉんの場合はLTEの高速通信速度が使用できる残り容量がHPやアプリケーションで確認できます。
公式にはiPhoneやAndroidでアプリが出ていますが、ここはWindows Phoneで使用できる「mio Coupon」を使用します。

画像

 

基本7GBドコモルーターがあるので、全部使うことはないと思いますが、単独で使えることが大きいですね。
なので、日本通信の回線は月内で解約します。

Lumia1020&スマホ電話SIM フリーData

ADVETAR2013のWindows Phoneの12月16日分記事です。

Lumia1020の開封の儀式や性能についてはいろいろなサイトで紹介されているので、今回はLumia1020と日本通信SIMのスマホ電話SIM フリーDataについて記事を書いてみようかと。

Lumia1020を購入し手元に届いたのは11月11日。注文は11月8日だったのでちょうど中2日で到着。
カラーはホワイトと決めていましたが、セットのカメラカバーがブラックとは思いませんでした。これ色を合わせてくれなかったのかなぁ、とちと残念。
WP_000416
届いたのはマレーシア版。もちろんLTE対応版です。
ん?3バンド対応?プラチナいけるかな?
spec

さて、これに刺すSIMはヨドバシカメラで購入した日本通信SIMのスマホ電話SIM フリーData。
SIM_Free

なぜこれにしたかというと、Lumia1020を電話としても使いたかったからです。
(今持っているIS12TはSIM無しのWi-Fi運用していたので・・・)
開通手順としては手続き開始ページにアクセスし、住所やクレジットカード情報登録後を登録しますが、ここで注意点が。
スマホ電話SIM フリーDataはあくまでも「電話回線」なので、クレジットカード登録後すぐ使える通信専用SIMカードとは違い、本人確認の書類提出が必要です。
そのため身分証明書の画像データーのアップロードが必要となります。そのため、確認コードが家に届くまで回線開通はできませんので余裕を持って申し込みをしてください。
なお、今回3GBまでの高速オプションも追加しています。(だってー、200Kだと串で画像が圧縮されちゃうからね)

私の場合は運転免許証をIS12Tで撮影後、同期しているSkyDrive経由でPCからアップロード。
待つこと3日。郵便で届いた住所確認コードを専用ページにで番号を登録したら「すぐ」使えるようになりました。

WP_000426
ちなみにAPN情報は以下の通り。

  • APN     :bmobile.ne.jp
  • ユーザー名 :bmobile@spd
  • パスワード  :bmobile

で、アンテナ表示はというと、
3G
wp_ss_20131127_0001

LTE
wp_ss_0002

そして皆さんが気になる通信速度はというと・・・
正直LTEはLumia1020のアンテナが悪いのか、エリアが狭すぎるのかあまり速度は出ません。

日曜夜、新宿南口で計測した結果です。

wp_ss_20131215_0004
んー。さすが日本通信、Xiにも関わらずPing値がものすごく長すぎます。
OCNやIIJで同じサービスが出たら速攻乗り換えます。

ちなみに今自分がどの回線をつかんでいるかを知る便利なアプリがあります。
それがCellular Live Tile
こんな感じでLive Tileに今の通信種類を知らせてくれると同時に、自分の機種(色含め)表示することとができます。
Lumiaを電話として所持している方には是非おすすめします。

wp_ss_20131215_0005

次は、皆さんの気になる4100万画素を誇るLumia1020のキャメラの威力について記事が書ければと。