Lumia 1020で使えるカメラアプリ

Windows Phone Advent Calendar 2014の12/17分の記事です。

Lumia 1020を購入して約1年。もちろん「高解像度カメラ」として毎日持ち歩いています。
風景写真や飯テロ用の食事写真に4100万画素の威力はすさまじいものがあります。

WP_20140830_16_03_01_Pro__highres

元画像(8.65MB)

Skytree_zoom

ここまでズームアップしても驚くほど低ノイズ。

WP_20141213_14_27_41_Pro__highres

元画像(7.67MB)

pasta_zoom

フライドガーリックの数もばっちり。

とはいえ、写真を撮って加工するのはPCではなく、端末上で行いたいと思いますよね。
そこで、写真内容を確認して必要なところをズームアップするアプリをご紹介します。

まずは写真をズームできるZoomというアプリ。
Zoom

通常のフォトアプリで写真を見ても4100万画素では無く500万画素の方しか閲覧することはできません。
Zoomでは500万画素→4100万画素へ自動的に切り替えてくれます。
これで切り取りたい部分がきれいに映っているかをその場で確認できます。

wp_ss_20141213_0002

ズームすると自動的に4100万画素に切り替わります。

wp_ss_20141213_0003

倍率ドン。

でも、元画像とズームアップ両方を表示した方が4100万画素の威力がよりいっそう引き立つというもの。
そこで使用するのがSozoom
Sozoom

ズームアップしたい部分をタップするとサークル部分に拡大画像が表示されます。
サークルの大きさとズーム倍率も自由に変更できます。

wp_ss_20141213_0005

SoZoom_635541014915789226

出来上がり画像がこれ。

動作が最新機種と比べて遅いとか、そもそもシャッター速度が遅くて写真がぶれる、といった問題点はいろいろとありますが、
高解像度低ノイズ高感度(ISO4000)の威力はまだまだ捨てがたいものです。

はやく後継機種がでないかなあー。

広告

Lumia 1020で使えるカメラアプリ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows Phone Advent Calendar 2014 勝手に中間解説 後編 - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

  2. ピンバック: Windows Phone Advent Calendar 2014 カレンダーリンク - 高橋 忍のブログ - Site Home - MSDN Blogs

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中